労務コラム

2019.01.28

パワハラを防ぐためには・パワハラを受けたら

管理部門の担当者は、パワハラを社内で起こさないために、指導方法の講習等も行い、パワハラを未然に防ぐ体制を整えていくなど社内環境を整え、風通しの良い職場を作ることが大切です。
また、何があってもすぐに対応ができるよう、現場と綿密にやり取りし、状況を常に把握しておく事も重要です。
もし社員からパワハラの相談を受けたら、第三者として加害者と被害者の間に立って徹底した事実調査を行い、適切に対処していきましょう。

自分がパワハラの被害を受けた場合、我慢せずに管理部門や、法テラスなどの相談窓口へ行き、まずは相談してみましょう。
「上司の言うことは絶対だ、歯向かうことはできない」、「我慢していればいつか暴言も無くなる」と思い、ストレスを抱え込むと、追い詰められ心の健康を損なう可能性もあります。
法テラスや法律事務所では初回無料相談などのサービスもあるので、相談してみることをおすすめします。

菰田総合法律事務所では、労務について無料チェックサービスを行っております。
詳しくはこちら→  無料労務チェックについて
企業様のニーズに合わせたプランをご提案しますので、ぜひ092-433-8711までお気軽にお問い合わせください。

弁護士法人菰田総合法律事務所Facebook労務コラム