当事務所の特徴・強み

選ばれる強み①

弁護士でもある社労士が労務部門を+αでサポート

弁護士でもある社労士が労務部門を+αでサポート

労働管理や社会保険、給与計算など労務に関わる書類作成業務を代行し、指導・管理を行う社会保険労務士(社労士)。当事務所では、弁護士の資格とキャリアを持つ社労士が、法律のノウハウをプラスして、より手厚く質の高いサポートを行います。

選ばれる強み②

よりよい経営のために“口を出す”労務コンサルティング

よりよい経営のために“口を出す”労務コンサルティング

社労士は企業の労務部門の業務代行を担う、受動的な立ち位置であることが一般的です。しかし、当事務所の社労士はいわゆる“代行人”ではなく、労務のスペシャリストとして、さらには法律の専門家として、よりよい経営のために能動的に提案を行う“コンサルタント”であると考えています。

選ばれる強み③

紛争案件に長けた弁護士が提案するリスク対策

紛争案件に長けた弁護士が提案するリスク対策

当事務所の社労士は、弁護士としても多くの労務問題を担当し、さまざまな紛争のケースを経験しています。そのため紛争が起きないための仕組みづくりに長けており、社労士としての業務遂行の中でそのノウハウが大いに役立てられます。

選ばれる強み④

労務問題の実績やノウハウが豊富な弁護士が担当

労務問題の実績やノウハウが豊富な弁護士が担当

弁護士の資格とキャリアを持つ社労士が労務部門をサポートすることは、企業様にとって大きなメリットをもたらします。さらに当事務所の弁護士は、多くの企業様を顧問先として持ち、労務問題についての実績やノウハウが豊富であることが強みです。

選ばれる強み⑤

外部機関との交渉で法的なノウハウが生かせる

外部機関との交渉で法的なノウハウが生かせる

一般的に社労士は、企業様の代理人として外部機関とやりとりする機会はほとんどありません。当事務所の社労士は弁護士としての法的なノウハウを生かし、必要があれば積極的に外部機関との代理交渉を行います。特に労働基準監督署や年金事務所などでは、法的な知識が大いに生かされます。

選ばれる強み⑥

社労士×弁護士のWサポートでも高くない契約料金

社労士×弁護士のWサポートでも高くない契約料金

当事務所の報酬規程は、明確でわかりやすく、一般的な社労士事務所と同程度の料金設定とさせていただいております。
弁護士かつ社労士が担当するからといって、料金が高額となることはありませんのでご安心ください。また無料の労務チェックサービスも行っていますので、お気軽にご相談いただけます。

予約ダイヤル 092-433-8711 WEB予約
弁護士法人菰田総合法律事務所Facebook労務コラム