給与計算

毎月発生する給与計算の代行業務はもちろん、残業代や諸経費の見直し、
トラブルを防ぐ給与の仕組みづくりなど広い視点からサポートします。

当事務所に依頼する4つのメリット

メリット①

ミスのない給与計算ができる

ミスのない給与計算ができる

給与計算業務を社労士に委託する最大のメリットはミスを防ぐことです。
特に、割増賃金の計算を間違っているケースが多くみられます。これによって給料や各種保険料を多く支払い過ぎていたり、逆に支払うべき金額を支払わずに従業員や外部から指摘を受けるリスクもあります。これは放置すれば未払割増賃金問題として労働審判に発展しかねず、労基署からも行政指導を受けかねません。
これを防ぐためにも、まずは当事務所にご相談ください。

メリット②

給与計算の担当者が辞めても困らない

中小企業様に多くみられるのが、給与計算の担当者が辞めてしまった際に、業務のことが誰も分からない、引き継ぎがうまくいかないというケースです。
当事務所のような外部の社労士事務所に業務委託しておけば、給与計算の基本的なシステムを共有できる状態になり、継続的な管理が可能となります。

メリット③

残業代など経費のコスト削減ができる

残業代など経費のコスト削減ができる

残業代については、割増賃金の計算方法に関する知識不足によって、企業側が多く支払い過ぎている、または未払いになっているケースが多くみられます。過去に、当事務所でお引き受けした企業様で、割増賃金の計算が100%正しかった企業様は、本当に数える程度しかありません。
また、残業代のコストカットが行える企業様もあります。たとえば固定残業制度の導入や変形労働時間労働制の導入など、労務管理体制そのものを見直すことによって大きなコスト削減が可能になる場合もあります。
そのための仕組みづくりに加え、残業代未払い問題などが起きないようなリスク対策もご提案いたします。

メリット④

トラブルになった場合は代理交渉が可能

万一、給与計算上のミスや残業未払いなどで従業員とトラブルになった場合、当事務所の社労士が企業様の代理人として従業員との話し合いを行うことも可能です。
基本的に社労士は企業の代理人になることはできませんが、当事務所の社労士は弁護士も兼ねていますので、代理交渉も行っています。
日頃から社労士として企業内の状態を熟知しているからこそ、トラブルの際も速やかな解決が望めます。

予約専用ダイヤル 0120-755-687 WEB予約
弁護士法人菰田総合法律事務所Facebook労務コラム