未払い残業代請求

残業代をめぐって、従業員が未払い賃金請求を行うケースが増えています。
給与設定の段階からリスクを意識した対策が不可欠です。

当事務所に依頼する4つのメリット

メリット①

残業代の初期設定からしっかり見直す

残業代の初期設定からしっかり見直す

残業代の問題は、就業規則や給与設定の落ち度から起こりやすいトラブルといえます。
当事務所の社労士は、労務のスペシャリストとしての知識と、労務問題に長けた弁護士としての経験から、問題の根本原因となる残業代の初期設定からしっかり見直します。
万一、従業員から訴えを起こされても、合法的に訴えを跳ね返せるだけの対策を徹底して行います。

メリット②

正しく勤務時間の算定をする仕組みづくり

残業代とは、規定の労働時間から超過した時間分を割増賃金として支払うものですが、そもそも労働時間の管理体制に落ち度がある企業様が多く見受けられます。
たとえば、タイムカードがない、残業をするにあたって承認規定が曖昧、スマートフォンの遠隔操作などで退社時間を自由に申告できるなど、残業時間を正確に把握できない環境こそ、未払い残業代請求の大きな要因となりえるのです。
当事務所では、将来的なリスクを踏まえ、しっかりとした労務管理の仕組みづくりをご提案いたします。

メリット③

給与計算を担当しているから解決がスピーディー

給与計算を担当しているから解決がスピーディー

当事務所の社労士が労務部門を代行していれば、給与計算の部分から関わっているので、そもそも残業代の未払い問題は起きにくいといえます。
それでも従業員が訴えを起こした場合は、これまでの管理データをもとに従業員と代理交渉します。
情報を熟知しているので、解決までがスピーディーなのも大きなメリットです。

メリット④

社労士資格を持つ弁護士だから裁判にも強い

企業と従業員で和解にならなかった場合は、調停や裁判に進みます。
そのとき、通常は弁護士を依頼しますが、全ての弁護士が労務管理実務を熟知しているわけではありません。
その点、当事務所の弁護士は社労士の資格を持ち、日常的な労務管理を行っておりますので、ノウハウや経験値が桁違いです。

予約専用ダイヤル 0120-755-687 WEB予約
弁護士法人菰田総合法律事務所Facebook労務コラム