セクハラ・パワハラ

職務上の優位に立つ者が職場内で一緒に働く者に対して、精神的・身体的苦痛を与える「パワーハラスメント(パワハラ)」。
そこに性的な要素が加わった「セクシャルハラスメント(セクハラ)」。
企業様にとっても大きなリスクとなるこれらの問題に対して、弁護士のノウハウを生かして対応いたします。

当事務所に依頼する3つのメリット

メリット①

予防対策としての従業員研修を実施

予防対策としての従業員研修を実施

パワハラやセクハラの中には、被害者が苦痛に思っていることを、加害者が自覚していない(自分が悪いことをしている自覚がない)ケースが多くあります。
このことからも、従業員を対象とした啓蒙活動が有効な予防対策となります。
当事務所では、企業様と相談の上、必要があれば従業員向けのパワハラ・セクハラ研修を開催いたします。

メリット②

企業様の代理として従業員と話し合い

パワハラやセクハラの問題が起こった際、被害者と加害者、または企業様と従業員で話し合いをすると、そこで問題がこじれてしまうケースがほとんどです。
これを防ぐためにも、問題が起これば速やかに弁護士でもある社労士が間に入り、協議を行います。
社労士は企業の代理人になることはできませんが、弁護士資格を持っている当事務所の社労士なら代理交渉が可能です。

メリット③

企業イメージを損なわないためのリスク対策

企業イメージを損なわないためのリスク対策

パワハラ・セクハラは従業員同士の個人的なトラブルとして片付けられる場合が多いのですが、実は企業様にとって大きなリスクを抱える問題にもなりかねません。
インターネット上での書き込みや口コミによって、パワハラやセクハラが横行している企業のイメージが付き、採用活動に支障が出るといったケースも考えられます。
このため当事務所では、企業内で予防のための啓蒙活動を行い、万一、問題が発生した場合は速やかに解決できるよう努めます。

予約ダイヤル 092-433-8711 WEB予約
弁護士法人菰田総合法律事務所Facebook労務コラム